モトコサン我が家では7分づき米を使用しています。
離乳食では精白米を使用した方がよいのでしょうか?

おかゆ




~離乳食レッスン開催日~
 
9月16日(土)
(初期・中期食対象)
 
現在キャンセル待ち
詳細はコチラ≫≫≫ 
 
23
お問い合わせ K子メールinfo@e-mish.com



昨日に続いて…ごはんのお話です。

そもそも…7分づき米(分づき米)とは??
分づき米とは、「玄米を何割精米しているか」を表しています。
10割精米していたら「白米・精白米」といいます。

玄米>3分づき米>5分づき米>7分づき米>精白米

数字が小さいほど精米度が低いので玄米に近く、
数字が大きいほど精白米に近くなります。



コドモ:G7分づき米を使用しているのですね。

赤ちゃんには消化の面で白米が良いと言われていますが、しっかりと炊いて
粒のないようにすり潰して滑らかにしてあげれば問題ございません。(初期食の場合)


【しっかりと炊く】とは?
◎米から炊く場合は炊く時間を通常より少し長め(10分ほど)に、そして水分量も少し多め(大さじ1~2程)にしてあげてください。
◎炊いたごはんの状態から水を加えておかゆを作る場合、1時間~の浸水をして水を米の芯まで吸収させてご飯を炊いてあげることが大切です。

玄米は浸水時間がかかったり、もしくは圧力鍋で炊くなどの方法があったりと
「大変」「難しい」「固い」「消化が悪い」と感じる方が多くいらっしゃいますね。

日頃から7分づき米を使用しておられるのであれば、炊き方も慣れていらっしゃるし、面倒などと感じることもないのであればご家族で同じごはんを楽しんで良いと思います。
7分づき米でしたら、浸水時間も1時間ほどで充分美味しく炊きあがります。

離乳食初期では「食べやすさ」が第一です。
クセのある玄米や3分づき米はやはり離乳食時期におすすめとは言い難いですが、7分づき米でしたら良いのではないでしょうか?



ただ、赤ちゃんが「食べない」となった場合は白米で挑戦してみるのも一つの方法かもしれません。
ある程度離乳食が進んできたら栄養価の高いごはんが嬉しいですね!!
是非、栄養たっぷりのごはんを食べさせてあげてください!!




また、消化の良い小粒の雑穀を加えてあげるのも一つの方法です。

-7484_R

もちあわ、もちきび、ひえといった小粒雑穀は消化もよく炊きあがりも早いので

離乳食(目安:後期食~)にも使用できます。


レッスンでは
赤ちゃんにもおすすめなにっこりブレンド(黄)を使った雑穀ごはんを大人ごはんでお出ししています。
美穀小町(にっこり黄色)

栄養価の高いものを、そして消化に良いもの、
そんな時は小粒雑穀を使った雑穀ごはんもおすすめです♬




幼児食/妊産婦食アドバイザー
管理栄養士
藤原朋未 コドモ:G



関連サイト


bnr_01
【管理栄養士によるレシピ開発・フードコーディネート】


23
【取り分けレシピで楽らく♪Facebook離乳食レッスン公式Facebookページ 】


レシピやレッスンの様子を投稿しています。
instagramインスタグラム tomo_vl



お仕事のご依頼・ご質問等はコチラ からお願いいたします。

管理栄養士 幼児食/妊産婦食アドバイザー 藤原朋未