モトコサン子どもでも食べられるクリスマスケーキの作り方を教えてください!(3歳のママ)

コドモ:Gごめんないさい!!
本格的なお菓子作りは専門にしておらず(苦手でして…)
私のレシピはありません…
と言いつつ、ちゃっかり最後にレシピ載せてます。

IMG_7185
【子どもでも食べられる】とは・・・?
3歳さんであれば、どんなケーキでもよいですよ!
特にアレルギーのあるお子さんでない限り、【食べてはいけない】ものはありません。
誕生日やクリスマス、特別な1日であればみんなで楽しくいただきましょう♪


ママが気になるのはケーキの量や質、でしょうか?
生クリームたっぷりのケーキ、油や砂糖の量、カロリーが気になりますよね。
一般的なショートケーキやチョコレートケーキは、1個400㎉前後。
スクリーンショット (211)
女子栄養大学出版部:毎日の食事のカロリーガイドより


おやつとしての目安となるカロリーは150~230㎉。
なので、1個食べると約2倍のカロリーとなってしまいます。
スクリーンショット (209)
お腹に負担をかけてしまう…
という意味でも量としては、3~5歳では【半分】を目安にしてあげると良いでしょう。

1~2歳は、1/3程度ですね。
1歳になりたて、1歳のお誕生日でいきなりケーキ1/3個というのも…
お味見程度にして、お子さま用に用意してあげてもいいですね。
私は、蒸しパンや食パンでケーキを作りました。
ご参考まで▼



3歳であれば、今日は特別!と割り切って1個ペロリ…
でも、よいかもしれません。
ただし、【習慣にしないこと】だけは意識してあげてください。
24日のイブに食べるなら、25日はケーキはお休みするなど。
食べすぎは禁物 大人も子どもも同じです。


ちなみに…
チーズケーキやフルーツタルトなどは少しカロリーが抑えられます。
スクリーンショット (213)
女子栄養大学出版部:毎日の食事のカロリーガイドより


クリームが控えめでフルーツがたっぷりなもの、などケーキの種類を変えてあげると
与えるママの罪悪感も少なくなるのではないでしょうか。

我が家の長男の場合、【いちごばっかり食べて、ケーキは残してしまう…】
ということがよくあります。
なので、はじめからフルーツたっぷりを選ぶことが多いです。



手作りの場合は、生クリームの甘さも調整してあげられますね。
ポイントとしては、選ぶ【生クリームの種類】。
生クリーム
:動物性脂肪 生乳から作られ、添加物の使用がないもの
ホイップ(乳又は乳製品を主要原料とする食品)
:植物性脂肪が多く、乳化剤や安定剤が使用されている


お家で作るのであれば、シンプルな【生クリーム】を選んでください!
風味もよく、美味しく仕上がります。


フルーツやクリームを一緒にデコレーションするのも楽しい!
スポンジは手作りでも、市販のものでも…
厚切りの食パンを使ってもお手軽&甘さも控えられるのでお勧め。
コドモ:G四角いケーキになるけどね…!


いかがでしたでしょうか?
大きなホールケーキも特別感があってよいですが…
パパとママ、こどもの3人で食べるには少し多いですよね~

そんな時は、ココットチーズケーキ!おすすめです。
人数分、食べきりサイズで作ってみてください。
大人には少し物足りないかも。※倍量でも作れます♪


ここに手作りした生クリームを搾ってトッピングしてもよさそうです!
楽しいクリスマスになりますように🎄

乳幼児食指導士
管理栄養士 
藤原朋未 
コドモ:G 


<アレルギーさん用リンク>
小麦アレルギーさんの場合▼
米粉料理家の中村りえさんの米粉スポンジケーキレシピです。
 

シャトレーゼでは、様々なアレルギー対応ケーキの販売があります!
 




bnr_01
【管理栄養士によるレシピ開発・フードコーディネート】

23
【取り分けレシピで楽らく♪Facebook離乳食レッスン公式Facebookページ 】


レシピやレッスンの様子を投稿しています。
instagramインスタグラム tomo_vl



お仕事のご依頼・ご質問等はコチラ からお願いいたします。
管理栄養士 藤原朋未